2006年10月31日

さあ、リベンジだ!!

31日のCLホームでの対チェルシー戦に向けて、
召集メンバー18名が発表された。

召集メンバー

GK バルデス、ジョルケラ
DF ベレッチ、マルケス、プジョール、ザンブロッタ、ジオ、テュラム
MF モッタ、シャビ、エジミウソン、デコ、イニエスタ
FW グジョンセン、ジュリ、ロナウジーニョ、メッシ、サビオラ

今回召集から外れたのは、ケガのエトー以外に、
シルビーニョ、エスケーロ、オレゲールとなった。

試合を前に直前記者会見でライカールト監督は、
次のようにコメントしている。
「我々はよい状態で試合を迎える。
チームはこの試合がとても重要であることを認識している。
我々はファンの前で良いイメージを示すためにも、
全てを捧げて戦わなければならない。

チェルシーはシステムをチームで良く体現できている。
スピードのあるダフやジョー・コールを使った
カウンターアタックを得意としていた以前と
少しシステムが変わったが、
引き続き素晴らしい結果を残している。
非常に組織の統率が取れていて、相手に殆どスペースを与えない。
そうして相手にダメージを与えていく。
また、質の高い決定的な仕事を出来る選手も新たに加わった。
そして、決して乱れることの無い屈強な守備を誇る
素晴らしいチームだ。

だが、我々は自分達自身のプレーに集中しなければならない。
レクレアティーボ戦では素晴らしいプレーを見せた。
この調子でいかなければならない。
31日はとても重要な試合、前を向いて突き進むだけだ。

この試合に負けたらどうなるかなんて考えてもいないよ。
私がいつも言っているように、
我々は誇りを胸に戦わなければならない。
バルサの選手達は常にピッチの上で
誇りを示して戦ってくれている。
それをこの重要な試合でも示すことが何よりも重要だ。

我々は心の貧しい人間が考えるようなことをする必要はない。
そういうのは結果に文句を言う負け犬がすることだ。

両サイドバックは誰を起用するかはいずれ分かるよ。」


この試合にかける意気込みを監督のコメントから十分伝わった。
バルサ全員がリベンジに燃えている。
posted by かずくん at 20:21| ☔| Comment(5) | TrackBack(2) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

31日のCL対チェルシー戦に向けて

レクレアティボ戦に3対0で勝利したバルサは、
31日のチャンピオンズリーグのチェルシー戦に
向けて準備をスタートした。

ベレッチは次のように語った。
「チェルシー戦の勝点3はとても重要な一歩となる。
いつものように、バルサはこのチェルシー戦を
真剣に戦わなければいけない。
そう、今シーズンで最も大切な試合であるかのようにね。
31日に勝点3を獲得できれば、予選突破に向けて大きな前進となる。

我々は一度も自分たちのポテンシャルを疑ったことはない。
常に自信を持ち続けている。
バルサが2連敗すると、まるで世界の終わりのように周りは騒ぐけど、
我々にとってはそんなことはない。
ファンに喜んでもらえるように、我々は常に素晴らしいプレーを
披露できるように心掛けている。

不調のロナウジーニョなんて一度も私は見たことない。
1ゴール目を決めた後のセレブレーションは
ブラジルのテレビに出てくるキャラクターのダンスだよ。」

セビージャ戦の前には約1ヶ月間試合に出場していなかったし、
この2週間はリハビリに専念していたにもかかわらず、
今はフィジカルコンディションはとてもいい。自分自身も驚いている。
チェルシー戦に出場するかって?それは監督が決めることだよ。」


一方、マルケスは以下のように語り、
31日のチェルシー戦に向けて自信を伺わせた。
「チェルシーはハイレベルの手強いチームだ。
でも攻撃は、昨シーズンの方が怖かった。
昨シーズンはサイドアタックを特徴としていたが、
今シーズンは中央からの攻撃に偏っている。

FWドログバを止める秘訣は、
近距離からマークをし、スペースを与えないことが大切。
彼はパワーとテクニックを兼ね備えている選手だ。
彼にボールが渡らないようにしなければいけない。

今うちはいい調子だ。このリズムで調子を上げて行きたい。
特にディフェンス時の速いプレッシャーは
勝利の鍵とも言える重要な点だから、その意識を忘れてはいけない。

サイドからの攻撃スタイルは以前から我々が起用してきたものだ。
ベレッチとシルビーニョが頻繁にオーバーラップを繰り返し、
そこから重要なゴールが生まれた。

前半1分にレクレアティボに決定的チャンスを与えてしまった
ミスについてはすぐに気づいた。
後半はいい形でディフェンスできていたと思う。
二度とあのようなミスを犯さないためにも
もっと集中しなければいけない。

レアル・マドリー戦をベンチから観戦したが
怒らなかったし、嫌でもなかった。
誰もが全試合を出場したいと思うものだけど、
監督の決断は尊重しなければいけないし、
僕は監督を支持している。」


メッシは、チーム練習にも合流し、
チャンピオンズリーグ対チェルシー戦に向けて
スタメン出場できるコンディションに戻ったようだ。

22日のレアル・マドリー戦でエメルソンのハードタックルを受け、
右足首の外側を捻挫し、スペイン国王杯対バダロナ戦、
リーガ対レクレアティーボ戦の招集メンバーから外れていた。

ケガも完治し、レクレアティーボ戦で控え組だったメンバーらとともに
通常メニューをこなし、チェルシー戦でのスタメン出場が予想される。


決勝トーナメント進出に向け、もう1つも取りこぼしができなくなった
バルサではあるが、リベンジに向けて全選手の熱意が伝わってくる。
ホームで何が何でも絶対に勝利して欲しい!!
posted by かずくん at 00:03| ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

リーガ第8節対レクレアティーボ戦

ホームのカンプ・ノウにレクレアーティボを迎えた一戦は、
3対0でバルサが快勝した。

ロナウジーニョが2ゴールを決める活躍と本来の切れが
少しずつ戻る中で、
それ以上に光を放ったシャビが1ゴールを含め
攻撃の起点となって活躍した。

なお、バレンシアがラシン・サンタンデールに
0対1と星を落としたため勝ち点19で再び単独首位に立った!!


出場選手

GK  1 バルデス
DF  2 ベレッチ
    4 マルケス
    5 プジョール
   16 シルビーニョ
MF 15 エジミウソン
    6 シャビ
   20 デコ(67分 24 イニエスタ)
FW  8 ジュリ
    7 グジョンセン(61分 22 サビオラ)
   10 ロナウジーニョ(80分 18 エスケーロ)

SUB GK 25 ジョルケラ
    DF 21 テュラム
       23 オレゲール
    MF  3 モッタ

得点 27分 ロナウジーニョ
   50分 ロナウジーニョ
   59分 シャビ

警告 16分 エジミウソン
   52分 デコ


ロナウジーニョが本来のキレと耀きを取り戻した反面、
攻撃の最終点となるグジョンセンと周囲の呼吸が
イマイチなのが31日のCL対チェルシー戦にやや不安を残した。

CLグループリーグ突破へ一つも星が落とせなくなった中、
セントロに依存することなく、選手全員がゴールへの執念に対する
モチベーションを高めたほうがいいと思う。

31日はホームで必ずリベンジしてほしい!!
posted by かずくん at 07:35| Comment(6) | TrackBack(6) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユニセフ入りユニフォーム買う

午前中、所要を済ませ、
午後から原宿へ行き着けのサッカーショップ加茂に
予約していたプジョールのホーム用ユニフォームを買った。

店に入ると、今売られているバルサのユニフォームは
Unisefのロゴが入っているのだ。

店員に問い合わせると以前買ったユニフォームに無料で
ユニセフロゴを入れることができることを確認したため、
明日は、ロナウジーニョのホームとメッシのアウェーに
入れてもらうことに。

本当は入れないほうがプレミアになるのかな。

キュートな主任のOさんと店員のKさんとは、
よく海外サッカーについて談笑する。

さて、ユニフォームにスポンサーを入れないといっていたバルサが、
今シーズンついに伝統を破ったのだ。

しかし、スポンサー料を手にするのではなく、逆に何億円かを
寄付するのだから本末転倒である。

前会長のG氏が作った負債は清算されたのだろうか?
posted by かずくん at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

日本ハム日本一!!そして…

今回はプロ野球の話題を。

昨日も書きましたが、日本ハム日本一おめでとうございます!!
北海道移転3年目での快挙と全く予想以上の
目標達成に驚いてます!!
今朝はスポーツ紙全部買ったが、どれも新庄涙の胴上げシーンが、
1面を飾っていた。

今季を最後に現役生活に別れを告げる新庄にとっては、
これ以上ない最高のフィナーレと言えるだろう。

でも今回の日本一は、投打に若手選手が数多く現れたことだろう。
投手ではダルビッシュ始め八木、武田勝の先発陣、
セットアッパーの武田久、ストッパーのマイケル。
野手では森本、田中賢介の1,2番コンビが機能したことと
若い力が原動力となったことに尽きる。

ただ、小笠原がFA行使が濃厚となり、
離脱となると大きな痛手となる。
球団側は全力で引き止めて欲しいところだ。

本当にここ最近の北海道は野球熱がヒートアップしている。
沈みがちな地域に元気と希望を与えてくれている。
あとは、サッカーでJ2にくすぶっているコンサドーレの
復活を祈るとともに
北海道のプロスポーツを活性化してほしいところだ。

ちなみに、私はプロ野球は横浜ベイスターズのファンである。
今シーズンは残念ながら最下位に沈み牛島監督は
けじめをつけ辞任してしまったが、
若手を数多く育てるなど来シーズンの置き土産を
用意してくれた。

1997年以来10シーズンぶりに復帰する大矢明彦氏が
再び日本一実現のために勝つためのチーム造りが期待できる。

やはり、投手陣の再建がカギを握っている。


最後に明日のリーガ第8節対レクレアティーボ戦の召集メンバーは
以下のように決定した。

GK バルデス、ジョルケラ
DF ベレッチ、マルケス、プジョール、シルビーニョ、テュラム、オレゲール
MF モッタ、シャビ、エジミウソン、デコ、イニエスタ
FW グジョンセン、ジュリ、ロナウジーニョ、エスケーロ、サビオラ

右足首捻挫のメッシは大事をとり欠場。
ザンブロッタとジオがローテーション制による休養となった。

posted by かずくん at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

コパ・デル・レイ4回戦第1戦 対バダロナ戦

まずは、日本ハム44年ぶりの日本一おめでとうございます!!
北海道移転3年目の快挙!!
日本シリーズチャンピオンフラグが、初めて津軽海峡を越えて、
プロ野球の歴史に新たな1ページが加わりましたね!!
今季限りで引退する新庄選手の涙が印象的でした。

さて、本題に入ります。

相手は3部リーグのバダロナで
バルサ同様カタルーニャ州に
本拠を置くクラブチームである。
世界一のバルサと対戦できるということから、
前半から燃えに燃えていた。

さすがのバルサも相手チームの健闘から前半うまく凌いだ。

本気になったのは後半から。
グジョンセンとサビオラをポジションチェンジしてから、
攻撃力が機能し始め、セントロに入ったグジョンセンが、
見事2ゴールを挙げ、前回の不調を吹き飛ばす活躍をした。

試合は2対1でアウェーで勝利を収めた!!

改めて、選手達は最初から「本気でプレーしなきゃ勝てない」
ということを覚ったに違いない。
これが生かされているかは28日のカンプ・ノウでの
リーガ対レクレアティボ戦で真価が問われるだろう。

相手は今シーズンからプリメーラに昇格したとはいえ
現在9位と健闘しており、決して侮ることのできない相手だ。
順当に勝利を収め31日のCL対チェルシー戦のリベンジ達成に
弾みをつけておきたいところだ。

出場選手

GK 25 ジョルケラ
DF 11 ザンブロッタ
    5 プジョール
   23 オレゲール
   12 ジオ
MF  3 モッタ(45分 15 エジミウソン)
    6 シャビ
    7 グジョンセン
FW  8 ジュリ
   22 サビオラ
   18 エスケーロ

SUB GK  1 バルデス
    DF 16 シルビーニョ
       26 オルモ
    FW 33 ジェフレン

得点 62分 グジョンセン
   76分 グジョンセン

警告 45分 ザンブロッタ


最後に、DFマルケスのEUパス獲得後、昇格濃厚な期待の星
FWジオバニ・ドス・サントスはよく見たら、
フジテレビの中野美奈子アナに似てると思ったのは私だけかな?
posted by かずくん at 23:03| Comment(4) | TrackBack(1) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

「STAR soccer」と監督が采配ミス認めた。

今日もまた仕事帰りに書店に立ち寄り、
1冊まるごとFCバルサ!!”が目につき、
「STAR soccer」を買う。

カフェで雑誌を読んで、いきなり当雑誌の休刊記事が。
発行元のF社は諸般の事情により今の形態での出版活動が
できなくなってしまったと。
そういえば、JリーグのSSが出版元だった雑誌も毎月1つのテーマに
絞って発行していたが今年の夏に休刊となってしまった。
このような形式の出版活動は深く追求しなければならず、
読者を満足させるには限界があるのだろう。

話は逸れたが、主力選手やライカールト監督のインタビュー、
ロナウジーニョのマンガ、選手名鑑、栄光の歴史、カタルーニャガイド
その他いろいろ満足いく内容だった。

バルサファンには絶対購入してほしい!!

12月1日には「FCバルセロナ オフィシャルブック」が
2500円で発売される予定だ。
価格負けしない充実したものを期待してます!!


さて、話題は変わるが、チェルシー、レアルと連敗したことについて
ライカールト監督は采配ミスを認めたのだ。
チェルシー戦での3バックやレアル戦で
DFマルケスを外したことについて。

もともとライカールト監督は謙虚で多くを語らないため、
記者泣かせと言われることもあるが、
今回は次のようにコメントしている。

「私がうまくできなかったのは確かだ。
配置とプレースタイルが明白になっておらず、
2試合での選手交代も勝利には結びつかなかった。
チームの姿勢はいいが、基本に立ち戻る必要がある。
おそらく、選手個人と局面でのプレーに集中しすぎて、
チーム全体のベストを考えることに専念できなかったと思う。
バルサ本来の戦術から離れてしまったため、
機能しなくなってしまった。
こんな状態を続けるわけにはいかない。
私自身への警告だと捉えているよ。」

この1件で首脳陣と選手達が一体感になり、
プラスに働くことは間違いないと思う。
今月31日のCL対チェルシー戦ではホームで
リベンジして欲しいものだ。

最後に、ACミランはロナウジーニョ獲得を
まだ諦めていないようなのだ。
それでいながらカカは出さないというのだから
図々しさを感じるのは私だけだろうか?
おまけにデコとチェルシーのランパードとのトレードも
浮上し出したのだから気が気でならない。
posted by かずくん at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

リーガ・エスパニョーラガイドブック

今日、仕事帰りに本屋で
バルセロナ&リーガ・エスパニョーラ 06−07 パーフェクトブック」を買いました。

ここ数年、リーガのガイドが出版元を変えながらも
必ず発売されているのはそれだけ攻撃的で魅力あるリーグで
ファンも多いという証でしょう。

今回はバルセロナ市発行スポーツ紙ムンド・デポルティーボ
とあってバルサにウエイトを置いているのはうれしいことである。
プリメーラだけでなくセグンダも紹介したのは初めてだろう。

反面、プリメーラだけでも全選手の顔写真は載せて欲しかった。
昨年の場合は、背番号載せていなかったのには頭にきましたが。
あと、1500円は高すぎないかな。
1000円下回ってもいいくらいだと思う。

試行錯誤を繰り返しているが、
毎年リーガの観戦ガイドは発売してほしいです。
ファンの声に耳を傾けてほしいです。

最後に明日はコパ・デル・レイでバタロナと対戦ですが
召集メンバーが決まりました。
負傷したメッシら主力数名は休養による欠場です。
Bチームからオルモとジェフレンが召集されました。

召集メンバーは以下の通り

GK バルデス、ジョルケラ
DF プジョール、ザンブロッタ、ジオ、シルビーニョ、オレゲール、オルモ
MF モッタ、シャビ、エジミウソン
FW グジョンセン、ジュリ、エスケーロ、サビオラ、ジェフレン
posted by かずくん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

負けました…。(涙)

期待に燃えたレアルとの一戦は0対2で完敗でした。
前半後半早々決められ、あれだけ攻められたらどうしようもない。

ロニーも復活を必死にアピールしようとして、
空回りしてもがき苦しんでるのが伝わります。ふらふら

チェルシー、レアルとライバルから1点も取れなかったのは悔しい。
レアルには来年のカンプ・ノウでリベンジだ!!

これからは、ロニーが不調だったり、
エトーがいなけりゃ大したことないの声を払拭して
これからも栄光に向けて全力で戦って欲しい!!
この試練は必ず乗り越えられると信じてます。


出場選手

GK  1 バルデス
DF 11 ザンブロッタ
   21 テュラム
    5 プジョール
   16 シルビーニョ
MF 24 イニエスタ
    6 シャビ
   20 デコ(56分  8 ジュリ)
FW 19 メッシ
    7 グジョンセン(66分 22 サビオラ)
   10 ロナウジーニョ

SUB GK 25 ジョルケラ
    DF  4 マルケス
       23 オレゲール
    MF  3 モッタ
       15 エジミウソン

警告 54分 ザンブロッタ
   82分 ロナウジーニョ
posted by かずくん at 06:28| Comment(2) | TrackBack(2) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

クラシコ前にして

今はプロ野球日本シリーズを、テレビ観戦しながら書き込んでます。
そういえば各国のプロ野球は今シーズンのbPを決めるため
フィナーレが近づいていますね。

海外のサッカーはまだ序盤戦。
リーガは、今夜最大イベントのエル・クラシコ!!
スペインのみならず、サッカーファンなら誰でも注目する一戦!!

バルサのこの試合の召集メンバーは

GK バルデス、ジョルケラ
DF マルケス、プジョール、ザンブロッタ、シルビーニョ、テュラム、オレゲール
MF モッタ、シャビ、エジミウソン、デコ、イニエスタ
FW グジョンセン、ジュリ、ロナウジーニョ、メッシ、サビオラ


希望を込めて予想スタメンは

GK バルデス
DF ザンブロッタ、マルケス、プジョール、シルビーニョ
MF モッタ、シャビ、デコ
FW メッシ、サビオラ、ロナウジーニョ


ロニーはクラシコに強く、さらに復活を強調できると見てます。
サビオラはチェルシー戦温存したため、
グジョンセン以上に力を発揮すると見てます。

今日はアウェーでサンチャゴ・ベルナベウですが、
昨シーズンはバルサが主役をはり、レアルサポーターから
拍手が沸いたのは記憶に新しいです。

両チームともエースストライカーを欠きますが、
選手層とまとまりで勝算は十分でしょう。

実は私、CS及びWOWOW持ってません。(涙)早く欲しいよ…。
インターネットからESPNサイトのGamecastで流れを見てます。
布団の中から眠い目こすってバルサの勝利を祈るばかりです。
今シーズンのホームのロニーのレプリカユニホームを
身に着けながら。(燃)
posted by かずくん at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする