2007年12月09日

ライカールト「チームにとって幸せな時」

明日(9日)のデポルティボ戦に向け、
公式記者会見を行ったフランク・ライカールト監督。

「長期戦線離脱を強いられていた選手が戻って来た。
こうして徐々に怪我人が戻って来ている今は、
チームにとっては幸せな時だ。
チームの目標を達成する為には、
全員の力が必要だし、
全員で目標に向かって立ち向かうことが重要だ。

エトーのレベル、才能、個性、特徴。
我々のプレースタイルにおいて、
そうしたエトーの力はとても重要だ。
彼の復帰を本当に嬉しく思っている。
コパ・アフリカ?残念ながら1月には
再び彼が不在となる可能性が高い。
バルサや私としてはもちろん残って欲しいが、
FIFAの規定上、そうはいかないし、
それらを尊重しなければならない。

今我々の頭の中には年内の3試合、
デポルティボ戦、バレンシア戦、
レアル・マドリード戦のことしかない。
これらの試合で勝ち点9を勝ち取ること、
そして出来るならば首位の座を掴み取ることが目標だ。

確かにデポルは今18位と下位に低迷している。
しかし彼等には素晴らしい選手が揃っているし、
潜在能力は高い。
いつでも巻き返す力を持っているだろう。
それに、アウェイでは良い成績を残している。
過小評価してはいけない。
もし油断したら、間違いなくやられてしまう。」

先のエスパニョール戦でライカールト監督はメッシについて、
“彼のボールさばきは実に素晴らしい。
これでもう少し経験があれば、
この試合は勝てていたかもしれない”と発言したことに対し、
「“バルセロナ・ダービー”では、
メッシは素晴らしい試合をした。
あの時私が言いたかったことは、
彼はまだ若く、まだまだ成長出来るということだ。
さらに決定力を身に着けることが出来るということだ。
決して批判ではない。賞賛だ。」

先日、レアル・マドリードのテクニカル・ディレクター、
プレドラグ・ミヤトビッチが
“ロナウジーニョのような選手は色んな側面を考えて、
取ることはない”と発言したことに対し、
「ロナウジーニョはプレーする準備は出来ている。
私なら彼を取る。

「アンリには信頼を置いているし、彼もまたそうだ。
彼はフィジカルコンディションが万全で無い中で
多くの試合をプレーしてきた。
そして出た時は全力でプレーしていた。
そして今は大事をとって
完全なコンディションに戻す為の時間を与えることにした。
彼は後半戦に向けて重要な選手だ。
その為にもしっかりと治して欲しい。」
posted by かずくん at 23:27| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エトー「チームは僕を、僕はチームを必要としている」

いよいよバルサのストライカー、サムエル・エトーが帰って来た。
明日のデポルティボ戦を前に3ヶ月半ぶりに
招集メンバー入りを果たしたエトーは、その胸中を語った。

「今フィジカルコンディションはとても良いね。
ここまで長くて辛いリハビリトレーニングをずっと続けて来た。
ようやくここまで来たという感じだね。
僕がチームに求められているのは、
前線からのプレッシング、スピード、そしてゴールだ。
その為にチームは僕を必要としてくれている。
そう、僕がこのチームを必要としているようにね。
僕一人じゃ何も出来ない。
でも、皆が同じ方向に向かって突き進んで行けば、
きっと事態を打開することが出来るはずだ。

大きな怪我を克服して、ここまで辿り着けたことに関して、
改めて僕をサポートしてくれた皆に感謝したいね。
トレーナーのファンホ・ブラウ、アレハンドロ・エチェベリア、
チームメイト、クラブ首脳陣、家族、メルセデス・ミラ。
でも、とりわけ長く僕と関わって協力してくれた
トレーナーのファンホ・ブラウには
格別の感謝の気持ちを伝えたいね。
森の中で1時間半もランニングをする時、
そうした単調なトレーニングを続ける時は、
何らかのモチベーションが必要になってくる。
そんな時、彼は常に適切な言葉を掛けてくれた。
日曜日に僕が出場することになれば、
真っ先に頭に浮かぶのはきっと彼の存在だろうね。
今の僕は、試合に出る為の準備は出来ている。

僕はロナウジーニョのことは心配無いと思っているよ。
でも、時々必要以上に批判を浴びてしまうよね。
それは傍から聞いていても腹立たしいぐらいにね。
そして、常に彼に対して向けられていた賞賛の気持ちは
いつの間にかどこかへ行ってしまう。
彼は偉大な選手であることには変わりが無い。
もし彼が万全で無いなら、僕等が彼を助けていかなくちゃ。
彼はまだ27歳、僕は26歳だ。
二人ともまだまだこのチームに
多くの事をもたらすことが出来るということを
証明していかなければいけない。

コパ・アフリカはまだどうなるかは分からない。
これはクラブとカメルーンサッカー協会の間で
話し合って決めること。
とにかく、僕の仕事はどこにいようとプレーすることだけだよ。」
posted by かずくん at 23:19| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デポルティボ戦の招集メンバー

フランク・ライカールト監督は明日(9日)の
デポルティボ・ラ・コルーニャ戦に向けて招集メンバーを発表、
エトー、デコ等が久々に同リストに名を連ねた。
エトーは8月28日のジョアン・ガンペール杯で
故障して以来の復帰、
また、デコもビジャレアル戦以来の復帰となる。
さらにはジオバンニ・ドス・サントス、テュラム、
シウビーニョもメンバー入りを果たした。

一方、招集メンバーから外れたのは、
今週ずっとインフルエンザに悩まされたトゥーレ・ヤヤ、
さらには現在故障を抱えているエジミウソン、オレゲール、アンリ、
そして、戦術的な理由でサンチェゴ・エスケーロも
メンバー外となった。

デポルティボ戦の招集メンバー
GK バルデス、ジョルケラ
DF ミリート、マルケス、プジョル、ザンブロッタ、シウビーニョ、テュラム、アビダル
MF チャビ、イニエスタ、デコ
FW グジョンセン、エトー、ロナウジーニョ、ジオバンニ、メッシ、ボージャン
posted by かずくん at 23:13| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする