2007年12月26日

ボージャン、カタルーニャ選抜デビューへ

来る29日にサン・マメススタジアムで行われる
バスク選抜vsカタルーニャ選抜の親善試合に向けて、
ボージャン・ケルキックが初選出された。

既にU11、U14、U16の同選抜代表に
選出された経験のあるボージャンだが、
A代表の選出は初めてとなる。
若干17歳の若者は、再び金字塔を建てることになりそうだ。
バルサからは他に、バルデス、ジョルケラ、プジョル、チャビ、
マルク・クロサスの計6人が選出されており、
マルク・クロサスにとっても初のA代表デビューとなる。

また、同代表にここ数年、名を連ねていた
オレゲール・プレサスは怪我の為に招集を見送られた。

プジョルは昨日のエル・クラシコで
右ひざに強い打撲を負っており、
チームドクターから全治一週間の診断が下されたばかり。
カタルーニャ代表のペレ・グラタコス監督は
「プジョルの知らせには驚いている。
とにかく選手と直接話しをし、
怪我が間に合うのかどうか確かめたい。
本人もこの代表戦に出場出来ることを誇りにしているし、
もし彼が来ることが出来るなら、
もちろんウェルカムだ。」

上記6人の現在バルサに所属する選手の他に、
4人の元バルサの選手が
今回のカタルーニャ選抜に招集されている。
ジョアン・ベルドゥ、セルヒオ・ガルシア、
アントニ・ピニージャ、そしてダニ・トルトレロだ。

招集メンバー
バルサの6人以外の招集メンバーは以下の通り

エスパニョール:
フェラン・コロミナス、アンヘル・マルティネス、
ダビド・ガルシア、ハビ・チカ

デポルティボ:
セルヒオ・ゴンサレス、ジョアン・ベルドゥ

アルメリア:
ブルーノ・サルトール、カルロス・ガルシア

ヘタフェ:
ダビド・ベレンゲール

ナスティック:
アントニ・ピニージャ、ダニ・トルトレロ

マンレサ:
ジョセップ・マリア・ソレール

バスク選抜とカタルーニャ選抜の間で行われる親善試合は
29日に予定されており、
ちょうどバルサのトップチームの練習が再開する日と重なる。
その為、同代表に選出されている選手達は、
この日の練習を欠場する予定だ。
posted by かずくん at 00:15| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プジョル、全治1週間

昨日のレアル・マドリード戦で
ラウールとの接触プレーによって足を痛め、
76分に途中交代したプジョルは、
翌日月曜日(24日)に様々な検査を行った。
その結果、右ひざに強い打撲傷があり、
全治一週間と診断された。
その間、プジョルは理学療法による
治療に専念することになる。

チームは今日からクリスマス休暇に突入しており、
29日の年末に再始動する予定。
そして、年明けの2日、
コパ・デル・レイ(国王杯)のベスト32、
対アルコヤーノ戦が2008年度の初戦となる。
posted by かずくん at 00:08| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする