2008年01月09日

ディエゴ・カペルはバルサのカンテラにいた

現在若干19歳ながら左のミッドフィルダーとして
頭角を現しているセビージャのディエゴ・カペル。
3年前に既にトップチームデビューを果たしている
この若手有望株は、ヘスス・ナバスと並んで
セビージャのカンテラ(下部組織)出身の若手として、
セビジスタから多くの愛情を注がれている。
このカペル、実は、かつてバルサのカンテラに
所属したことがあるのである。

8年前の2000−01シーズン、
当時11歳だったカペルは、
インファンティルB(U12)のバルサのカンテラチームに
所属することが決定した。
一人親元を離れ、マシア(バルサの選手寮)に入寮したのだ。
しかしながら彼のバルセロナでの生活は、
周囲が望んだものとはならなかった。
幼い子供にとって、親元を離れて新しい環境に一人で馴染むことは、
想像以上に困難なことだったのだ。

2000−01シーズン、
現在のバルサ女子チームの監督であるチャビ・ジョレンスが、
当時インファンティルBの監督だった。
そのチームの元に、オルラCFという
アンダルシア州アルメリア近郊の
アルボックスという小さな町にある小さなクラブに
所属していたカペル少年は、その才を見出され、
11歳の時にやってきた。
しかしながら、都会での生活、親元を離れての慣れない暮らし、
そして、当時のマシアには同年代の少年が少なかったことも、
カペル少年には厳しい環境となってしまった。
当時の監督チャビ・ジョレンスは振り返る。
「彼は抜群の左足を持った良い選手だった。
現在セビージャで見せているようにね。
問題はフットボールの面ではなかった。
彼は家族がいないことを本当に寂しがった。
彼にとって両親のいない生活は本当にきついものだった。
そうした苦境を乗り越えることが難しかった。
練習前はいつも泣いていて、
いつも彼を慰めることから始まった。
一度フットボールの練習や試合になると、
話は全く違うものとなった。
彼はピッチ上では幸せそうに見えた。
しかし、マシアに帰ると、
再び、その故郷から遠い生活に
我慢が出来なくなっていった。」

そして、カペルはそのシーズン途中に故郷に帰ることとなった。

その後、数年はフットサルに興じたカペルは、
カデッテ(U14−15)の時にセビージャに入団する。
その後はセビージャのカンテラ(下部組織)にて
目覚しい活躍を見せ、遂にトップチームにまで上り詰める。
カペルはセビージャの歴史の中でも
2番目の若さでトップチームの一員となった。
ファンデ・ラモス監督の下で
トップチームデビューを果たしたカペルは、
その後後任のマノロ・ヒメネスの下でも若手の有望株として、
着実にその存在を示している。
その証拠に、左サイドのポジションにはアドリアーノ、
ドゥーダといった経験豊かな選手が揃っているにもかかわらず、
カペルは着実に出場時間を掴んできているのである。
posted by かずくん at 23:57| ☔| Comment(45) | TrackBack(1) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライカールト「勝抜く意欲に満ちている」

セビージャに出発直前、最後の非公開による調整を行った後、
フランク・ライカールト監督は記者会見に臨んだ。

「セビージャと対戦することはポジティブだ。
彼等は強いチームだし、
現コパ・デル・レイチャンピオンだ。
しかし、だからこそ我々は彼等を倒して
次に進みたいという意欲に満ちている。
チームはそれを勝ち取る為に必要な自信を持っている。

今シーズンリーガで既に勝っている?
そうした過去の対戦を持ち出すことは無意味だ。
それに、前回はカンプノウでの対戦だった。
今回は我々にとってアウェイ戦となるし、
全く異なった試合になるだろう。
だが、我々は良い結果を導き出す力を持っている。
何故なら、我々は強いチームと対戦することを
心待ちにしているからだ。
引き分け!?我々はあくまでも勝利を目指して戦う。
引き分けという結果を評価するのは、
試合が終わってからで良い。

エジミウソンはもうスタメンでやれる準備は出来ていると思う。
既にチームに加わって2試合をこなし、
チームに十分貢献出来ると思う。
アンリは状態さえ良ければ、
違いを示せる選手だと思う。
日に日に良くなってきているし、
このままの調子で進んでくれればと思う。

ロナウジーニョとデコはそれぞれ足に違和感を感じている。
その為、今回は大事をとって休ませることにした。
現在彼等は特別メニューによるリハビリに専念している。

クラブはカメルーンサッカー協会から、
エトーのチーム合流を遅らせることに関し、許可を得ている。
その為、彼はあと1週間チームに滞在することとなり、
明日のセビージャ戦、
そして土曜日のカンプノウでのムルシア戦に出場することが出来る。」
posted by かずくん at 23:46| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロニー、デコ招集外

フランク・ライカールト監督は
明日のコパ・デル・レイ(国王杯)ベスト16第1戦、
対セビージャ戦に向けて招集メンバーを発表、
そこにはロナウジーニョの名前もトゥーレ・ヤヤの名前も、
そしてデコの名前も無かった。

クラブのメディカルチームは、
「デコは現在左足の内転筋に痛みを覚えている。
その為、明日の試合を回避することが決定しました。
今後の試合に関しては、
現在の症状の回復ぶりを見ての判断となります。
また、ロナウジーニョは現在も左ひざに痛みを抱えており、
午前中の理学療法治療、
午後はピッチ上で専用のリハビリメニューに取り組んでいます。
同じく明日のセビージャ戦は回避することとなり、
今後の試合に関しても故障の動向を見ながらの判断となります。」

これにより、ロナウジーニョは
コパ・デル・レイ(国王杯)ベスト32対アルコヤーノ戦、
そして、先週末のリーガ、対マジョルカ戦に続いて
招集メンバーから外れることとなった。

上記2選手に加え、特筆すべきはトゥーレ・ヤヤの不在だ。
同選手はコパ・アフリカに参戦する為に、
既に合宿先のアラブ首長国連邦に旅立っている。
トゥーレ・ヤヤは同大会でのコートジボワールの戦績、
そしてバルサがコパ・デル・レイ(国王杯)のベスト8に
進めるかどうかにもよるが、
少なくとも5試合から、
最大9試合のバルサの公式戦を失うことになる。

ロナウジーニョ、デコ、トゥーレ・ヤヤに加え、
招集外のメンバーは現在故障中の
ジョルケラ、メッシ、オレゲールだ。
さらには戦術的な理由で
シウビーニョ、エスケーロ、マルク・クロサスが
メンバーから外れている。

セビージャ戦の招集メンバー
GK バルデス、オイエル
DF ミリート、マルケス、プジョル、ザンブロッタ、テュラム、アビダル
MF チャビ、グジョンセン、イニエスタ、エジミウソン
FW エトー、アンリ、ジオバンニ、ボージャン
posted by かずくん at 23:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする