2007年12月29日

メッシの年、2007

トップチームに昇格してからの
短期間で目覚しい成長を遂げているリオネル・メッシ。
その勢いは留まるところを知らない。
しかしながら、この2007年は間違いなく、
メッシの名が世界屈指のプレーヤーとして
確立された年と言えるだろう。
その最たる証が、2007年FIFA最優秀プレーヤーの
第2位に輝いたことだ。

今年は故障で出遅れ、2月にチームに復帰したメッシだったが、
そこからはギアをトップに入れ続け、
これ以上無い程のシーズンを送っている。

2007年、メッシはリーガでトータル19ゴールを決め、
その中のいくつかのゴールはバルセロニスタ達を驚喜に導いている。
印象深いのはエル・クラシコでのハットトリックや、
今シーズンにホームのサラゴサ戦で決めたゴールなどだ。

また、メッシはチャンピオンズリーグでも4ゴールを決め、
コパ・デル・レイ(国王杯)でも1ゴールを決めている。
さらにはマラドーナばりの“神の手”ゴールも決め、
世界を驚かせている。

こうしたメッシの記録した素晴らしい数字や
スーパープレーの数々は、
世界からの賞としてメッシの下に返って来た。
11月25日、メッシはイタリアのスポーツ雑誌
「ゲリン・スポルティーボ」主催の
21歳以下のヨーロッパ最優秀選手に贈られる
“プレミオ・ブラボー”に選出されている。
さらには今年のバロン・ドールの第3位にも選ばれ、
そして、FIFA世界最優秀プレーヤーの第2位に輝いている。
posted by かずくん at 01:08| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック