2007年12月30日

存在感を示す新加入選手達

2007−08シーズンもいよいよ折り返しの節目を
迎えようとしている。
そして、今シーズンの開幕前に
新たにバルサに加入したティエリ・アンリ、エリック・アビダル、
トゥーレ・ヤヤ、ガブリエル・ミリートの4選手は、
この僅かな期間の間にすっかりチームの主力の座を獲得している。

アーセナル時代に故障した古傷を引きずりながらも、
アンリはここまでバルサで数少ない
3大会共にゴールを決める活躍によって、
重要な役割を演じてきている。
ここまでアンリはリーガで12試合に出場、
その内11試合はスタメンで、
計5ゴールを決めている。
特に圧巻はレバンテ戦でのハットトリックだ。
また、チャンピオンズリーグでもここまで360分間をプレーし、
2ゴールを記録している。
さらにはコパ・デル・レイ(国王杯)、
対アルコヤーノ戦でも45分間をプレーし、
1ゴールを決めている。

もう一人のフランス代表、エリック・アビダルは
開幕当初から左サイドバックのポジションを不動のものとしてきた。
ここまでリーガで15試合に出場、
1,386分出場はチームで4位の成績だ。
すっかりフランク・ライカールト監督の信頼を
勝ち取っているアビダルは、
チャンピオンズリーグでも5試合に先発出場している。
また、コパ・デル・レイ(国王杯)でも後半から途中出場し、
27分間プレーしている。
激しいタイトマークが売り物だが、
ここまで僅かにイエローカードは2枚だけ、
クリーンなプレーヤーでもある。
また、一度センターバックでもプレーしており、
同ポジションもこなせることを証明している。

中盤の底にトゥーレ・ヤヤが君臨することによって、
チームにはバランスと安定感がもたらされた。
その屈強なフィジカルと確かな足元の技術によって、
ここまでリーガでは14試合に先発出場している。
また、アスレティック・ビルバオ戦では初ゴールも記録しており、
また、イエローカードの数は4つだ。
的確なポジショニングとハードマークで
フランク・ライカールト監督の信頼を勝ち得たトゥーレ・ヤヤは、
チャンピオンズリーグでも計3試合、280分に出場、
また、コパ・デル・レイ(国王杯)でも
対アルコヤーノ戦で先発フル出場を果たしている。

センターバックの左に陣取るガブリエル・ミリートも、
今やフランク・ライカールト監督にとって
欠くことの出来ない選手の一人だ。
ここまでリーガエスパニョーラと
チャンピオンズリーグで計20試合に出場している。
リーガでは15試合に出場し、
その内14試合で先発出場を果たしている。
また、レクレアティボ戦では
バルサの選手として初ゴールも決めている。
また、チャンピオンズリーグでも
これまで6試合中5試合に出場、計465分プレーしている。
posted by かずくん at 22:46| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75552074

この記事へのトラックバック