2008年01月03日

2007年最後の練習

月曜日(31日)、FCバルセロナは
2007年最後のトレーニングをマシア練習場で行った。

午前10時に姿を現した選手達の中には、
トップチームの練習の常連になりつつあるマルク・クロサスを始め、
オイエル、マルク・バリエンテ、ブスケッツ、
ビクトル・サンチェスの4人のバルサBの選手の姿も見られた。

昨日と同様、ティエリ・アンリは偏頭痛の為に
この日も練習を欠場した。
また、先のバスク選抜戦で負傷した
アルベルト・ジョルケラも欠場する一方、
昨日からボールを使った練習をスタートさせた
リオネル・メッシは元気にピッチに姿を見せ、
フィジカルコーチが見守る中で別メニュー調整に取り組んでいた。

一方、オレゲールとミリートは引き続きリハビリの為、
トレーニングジムやカンプノウにて個別メニューに従事した。

フィジカルサーキットトレーニングとロングパスの練習を終えると、
フランク・ライカールト監督は選手達を2つのチームに分け、
12vs12の紅白戦を行った。
チームはビブス無しのバルデス、ザンブロッタ、マルケス、
プジョル、シウビーニョ、エジミウソン、デコ、チャビ、
グジョンセン、エスケーロ、ロナウジーニョ、エトーのチームと、
ビブスチームのオイエル、ビクトル・サンチェス、テュラム、
マルク・バリエンテ、アビダル、トゥーレ・ヤヤ、
マルク・クロサス、ブスケッツ、イニエスタ、ジオバンニ、
ボージャン、ファン・カルロス・ウンスエGKコーチの
チームに分かれて行われた。
試合は0−0の引き分けに終わった。
posted by かずくん at 15:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック