2008年01月06日

国王杯で勢いづくマジョルカ

今夜FCバルセロナを迎えるマジョルカは、
先のオサスナとのコパ・デル・レイ(国王杯)ベスト32の争いで、
劇的な逆転勝利を収め、士気が高まっている。
もっとも、リーガの舞台では、
ホームで思うように勝ち点を稼げてないのも事実。
ここまでオノ・エスタディでは8試合を戦って、僅かに3勝だ。
最後に勝利を収めたのは10月7日、
ラウドルップ監督率いるヘタフェを4−2で退けている。

UEFA圏内まで5ポイント、しかし降格圏内まで3ポイント。
これが、現在マジョルカが置かれている状況だ。
現在10位とまずまずの位置に就けているマジョルカだが、
ここ最近のリーガでの9試合を1勝4分4敗、
勝ち点27中、僅かに7ポイントしか獲得出来ていない。
その為、好調なスタートを切った開幕時は
UEFA圏内に就けていたものの、徐々に順位を下げてきている。

今シーズン開幕前、マジョルカにとって最も大きな変化だったのが、
ディエゴ・トリスタンのイタリアへの移籍だろう。
その為、マジョルカは元マジョルカ所属で、
先シーズンにヘタフェで素晴らしいシーズンを送った
グィサを獲得した。
さらには、イタリアのパレルモに移籍した
セルビア人ジャンコビッチの代役として、
カメルーン人のウェボを獲得したことも、
特筆すべきだろう。

3年目となるマンサーノ監督率いるマジョルカは、
ここまでのホーム戦で獲得した勝ち点と同数の勝ち点を
ホームで失っている。
すなわち、ホームを勝ち点を稼げる牙城にしているとは言いがたい。
ここまでオノ・エスタディでは14得点10失点の成績。
リーガの通算では、5勝6分6敗の勝ち点21という成績だ。
posted by かずくん at 23:03| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76871560

この記事へのトラックバック

イタリアのパレルモでリラックスしてきました。
Excerpt: ブエナス ディアス、セニヨーラ〜......スペイン語です。イタリアのパレルモは...
Weblog: 海外旅行大好き!
Tracked: 2008-01-17 19:33

イタリアのパレルモとは?
Excerpt: マサー ウ アルハイル......アラビア語なんだよね。よかったですよ、イタリア...
Weblog: 海外旅行大全
Tracked: 2008-01-28 17:24