2008年01月08日

マルケス「セビージャは本来の強さを取り戻している」

練習後のインタビューに応えたラファエル・マルケス。

「セビージャはここ2シーズン偉大なフットボールを展開している。
今シーズンは序盤に躓いたようだけど、
今は本来の強さを取り戻している。
正直、ベスト16の段階ではまだ当たりたくなかった相手だ。
とても強いチームだからね。
とにかく、チームは勝つ為に、
そしてベスト8に進出する為に
全力で挑まなければならない。

結果を重視する為、自分達のスタイルを捨てる?
そんなことは無い。
確かにマジョルカ戦ではボールポゼッションが
しっかりと出来ていない時間帯もあった。
だけどそれは、相手が激しく来ていたり、
ピッチのコンディションの影響で、
リスクを回避するなど、
局面局面による状況判断から来たもの。
僕等にはプレースタイルがあるし、
それは維持したいと思っている。
自分達のプレーを追求しつつ、
そして勝ち続けることが重要だ。

ボランチを誰がやるか?
それは監督が決断することだ。
トゥーレ・ヤヤはフィジカルが強く、
チームにバランスと強固な守備をもたらしてくれる存在だ。
エジミウソンはまだ復帰したばかりで、
試合感とフィジカルコンディションを上げていく必要があるだろう。
でも、ボランチの有力候補の一人であることに間違いはない。

他のアフリカ人選手はもうコパ・アフリカを戦う為に
各国代表に合流している。
しかしエトーはもう一週間チームに残ることが認められた。
彼は常に状況を判断し、
ベストの選択を実現しようと努力する男だ。
通常はもうチームに合流しなければいけないタイミングで、
一週間遅らせるという決断を彼自身が出せるということは、
カメルーンでのエトーの存在の大きさを
物語っているんじゃないかな。

レアル・マドリードの現状は別に驚くことじゃない。
既に先シーズンに彼等はチャンピオンチームであることを
証明しているからね。
とにかく僕等は自分達の試合を勝ち続け、
彼等がしくじるのを待つしかない。

レアル・マドリードの中では
イケル・カシージャスとファン・ニステルローイが
攻守でチームを牽引していると思う。

チームは皆勝つことに集中しなければいけない。
自分達のプレーに集中し、
誰がプレーして誰がプレーしないとかは
二の次でなければならない。
何よりもチームが機能し、
結果を手にすることが重要だ。
チーム内の皆の中でそうした考えが
共通認識でなければいけない。」
posted by かずくん at 23:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バルサ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック